銀行預金も利用できるよ!!やるなら早めがお得かも!!

同じ銀行預金をするならイデコも検討する

日本人が貯蓄をするときに利用するケースが多いのが銀行の定期預金です。アメリカや欧米は株式や投資信託などで貯蓄や資産運用する人が多いとされています。まず、日本の銀行が安心できる金融機関だからでしょう。又、株式や投資信託への投資は危険と考える人が多いところもあるでしょう。どんな方法で貯蓄をするかは自由ですが、せっかくなら得になる仕組みを活用しましょう。個人型確定拠出年金と呼ばれる制度があり、60歳未満の人等が利用できます。投資信託などの商品もありますが、銀行預金も選べます。金利は通常の銀行預金同様にあまり高くありませんが、拠出すれば所得控除が受けられます。預金した額がそのまま控除されるので、普通に預金しているよりもお得です。

迷うなら早めに検討した方がいい

人によって若く見える人がいます。50歳なのに40代や30代に見える人がいます。ただ実年齢は50歳ですから、法的な制度は50歳として利用していかなくてはいけません。個人型確定拠出年金制度は、60歳が一つの基準になっています。60歳未満が加入できる仕組みなので、60歳以上になると新たに拠出などができなくなります。今50歳の人なら10年間、40歳の人だと20年間の利用になります。2017年から制度が変わり多くの人が利用できるようになりました。もしお得なのであれば、1日でも早く利用した方が得といえます。毎月拠出できる金額に限度があるので、時間が経過すればするほどお得さが少なくなります。人によってお得さが変わるので検討は必要ですが、どうするかを早めに決めましょう。

個人型確定拠出年金はイデコとも呼ばれ、加入者が毎月一定の金額を運用しながら積み立て、原則60歳以降に受け取れる制度です。