インターネットバンキングで使われている不正利用防止のシステム

ブラウザ上で文字を入力するソフトウェアキーボード

インターネットバンキングを利用する場合、どんなことに注意すればいいのでしょうか。まず、インターネットバンキングはパソコンに感染したウイルスによって不正利用されるケースがあります。もちろん、それを防ぐためのシステムが存在していますが、初めてネットバンキングを利用する人にとってはかなりわかりにくくなっていることが珍しくありません。
たとえばログイン時にソフトウェアキーボードの利用がデフォルトになっていることがあります。ソフトウェアキーボードとはブラウザ上に表示されるバーチャルのキーボードのことで、これの利用がオンになっていると普通のキーボードから入力しようとしてもできません。したがって、もしログインIDやパスワードを入力しようとしているのに入力できない場合は、まずソフトウェアキーボードの利用を解除するようにしましょう。

お金を振り込む前に発行されるワンタイムパスワード

ワンタイムパスワードもインターネットバンキングによく使われるセキュリティシステムの一つで、初心者を混乱させることが多いです。ワンタイムパスワードは預金口座から別の口座に振り込みを行う場合など、お金を移動させるときに用いられます。
具体的にどのようなシステムかというと、振り込み手続きを行うにあたって、ネットバンキングに登録したメールアドレスに暗証番号が送られ、それを入力する、あるいは銀行が配布している専用端末、あるいはスマホアプリなどに表示されるパスワードを入力するというものです。
銀行やサービス契約状況によって、どのような形でワンタイムバスワードが発行されるのか異なるので、自分の場合はどうなのかあらかじめチェックするようにしましょう。

決済代行とはクレジットカード決済やコンビニ決済などの多様な支払いを一括でスムーズに行うサービスの事です。