主婦でもできる?iDeCoについて考えてみよう

iDeCoって何がお得なの?

iDeCoとは、個人型確定拠出年金のことで、自分で年金を積み立てて、資産運用をすると、国が税金を一定額免除してくれる制度のことです。同じような国のシステムとして、NISA(少額投資非課税制度)や、積み立てNISAがあります。いずれも節税という点では共通していますが、大きな違いは、iDeCoは年金ですので、基本的に60歳までは、使うことができないお金だということです。60歳になるまで使えないとなると、躊躇してしまう人もいるかも知れませんが、iDeCoはNISAにはないものがあります。それは、積立金が全額所得控除になるという点です。これは会社勤めをしている人には特にメリットが大きいですよね。では、主婦の場合はどうなのでしょうか?

主婦だからこそ考えよう、将来のこと

2017年1月から、主婦もiDeCoに加入できるようになりました。主婦といっても、専業主婦か、パート主婦か、などでiDeCoで受けられるメリットが変わってきます。専業主婦なら、働いていないので、所得控除のメリットがなくなりますが、受取り時に、積み立てた分と、運用益が一定額非課税になります。扶養に入ってパートで働いている主婦は、配偶者控除や、勤め先の企業の規模、配偶者の会社の家族手当の規定などが複雑に絡み合ってきますので、一概には言えませんが、共通して言えることは、「将来の自分の年金を今からお得に積み立てる」ということに尽きるでしょう。少なくとも、銀行にお金を預けたままにするよりは、前向きな将来設計なのではないでしょうか。

iDeCOは、個人型確定拠出年金のことです。加入者が決める一定の金額を毎月拠出して、あらかじめ加入者が選んだ投資信託や定期預金に投資して積み立てる私的年金で、拠出金・運用益等に税制優遇があります。