知って安心!取引所選びのための仮想通貨用語

取引所のセキュリティ対策について知ろう

仮想通貨にまつわるデメリットとして、よくセキュリティについて挙げられます。
仮想通貨はオンラインでアクセスできるアドレスで管理されることが一般的なため、外部からの攻撃に弱いという考え方です。
過去、実際に取引所からの仮想通貨の盗難が起きていることからも、セキュリティ対策の重要性が伺えますよね。
では、どのような部分に注目すればいいのでしょう。

コールドウォレットとは

ビットコインを始めとした仮想通貨は、所有権を表す秘密鍵という仕組みを持っています。
これを持っている人がその秘密鍵に対応したアドレスの仮想通貨を操作できるということで、これが盗まれて別のアドレスへの送金をされてしまうのが盗難の流れになります。
送金をするにはこの秘密鍵をオンラインになっているコンピュータに置いておく必要があるので、ある意味仕方がない部分がありますが、これに対応する仕組みがコールドウォレットです。
具体的には、この秘密鍵をインターネットから隔離した場所に保管する方法で、外部からの遠隔攻撃に非常に強くなります。

利便性を追求したマルチシグ

インターネット経由での攻撃には強いコールドウォレットですが、欠点もあります。
まず、送金に必要な秘密鍵がオンラインに存在しないため、仮想通貨のメリットである早い送金速度に影響がでます。
そこで、もう一つの仕組みとしてマルチシグというものがあります。
これは基本的に一つしかない暗号鍵を複数用意し、それぞれを別の場所で保管することです。
全ての秘密鍵が揃わなければ操作ができませんので強いセキュリティを発揮し、送金の遅れもおきないということになります。
取引所を選ぶ際にはこの用語に気をつけてみましょう。

初めて仮想通貨に挑戦しようと考えている方は慎重に仮想通貨取引所の比較を行いましょう。同じ様に見えても手数料からユーザーインターフェース、取り扱い通貨数まで多種多様です。