手形の現金化は時間が勝負?ファクタリングの仕組みを学んで上手に活用しよう!

ファクタリングを行うメリットと手形取引の注意点

商取引の世界では現金を直接やり取りするケースは少なく、支払いを後日に行う手形取引が主流です。商業的な意味の手形は売掛金を示した証券であり、専用の口座にプールされたお金を引き出すのに必要です。手形取引は手持ちの現金が無い状態でも実施出来る利点がありますが、手形単体には金銭的な価値はありません。また、手形を発行した側が破産すると額面の金額を丸ごと損してしまう結果になるので、手形取引は慎重に行う必要があります。手形を確実に現金化する方法として債権の回収業者に手形を買い取ってもらうファクタリングがあります。ファクタリングは手形を正規の手続きで換金するよりも短時間で現金化出来るのが大きなメリットです。手形の額面よりも安い金額で買い取るので金銭的には損失になりますが、破産などのリスクを回避出来るのが魅力です。

ファクタリングを行う際の注意点

ファクタリングは手形の回収業務を他者に売り渡す行為なので、手形を出した側から見れば見知らぬ相手にお金を支払う形になります。トラブルを避けるため、ファクタリングを行った際は手形を出した側に詳細を伝えておくのが社会的なマナーです。また、ファクタリングの買い取り価格や現金化に要する時間は業者ごとに違いがあります。ファクタリングは急に現金が必要になったので利用するケースが多いことから、手続きに時間がかかってしまう所は避けるのが賢明です。同じ手形でも業者によって買い取り価格が違う点も併せて注意するのが損失を減らすための心得になります。

ファクタリングとは売掛債権を早く資金に出来る調達方法です。即日で資金にすることも出来るので待つことなく楽な資金繰りが出来ます。