どんなことをするの?イラストの仕事と種類

イラストの仕事にもジャンルがある

一言でイラストの仕事と言っても、色々なジャンルがありますよね。芸術作品やライトノベルの挿絵など、種類はさまざまです。イラスト関係の仕事に興味がある人は、どんな仕事があるのか押さえておきましょう。ここでは、代表的なイラストの仕事を紹介します。まずは、アニメやゲームなどのキャラクターをデザインする仕事です。絵を描くことが好きな人は、気に入ったキャラクターを実際に描いたことがありますよね。スマートフォンの普及により、ゲームのキャラクターデザインの需要は増えてくると思われます。ライトノベルなどの挿絵画家も、人気があるイラストの仕事のひとつです。小説や絵本の表紙イラストが、売れ行きを左右することもあると言われています。挿絵画家は自分の名前が出る仕事です。簡単にできる仕事ではありませんが、デザインや表現力が認められれば、やりがいを感じられる仕事ではないでしょうか。最後は、雑誌やチラシ、ウェブサイトなどの広告をデザインする仕事です。広告であるため、人目を引くことが何よりも重要です。インパクトのあるイラストを作成するための知識やスキルが問われます。

イラストの描き方にも種類がある

イラストの描き方は、デジタルとアナログに分類できます。デジタルで必要なものは、パソコンやタブレット、タッチペンです。パソコンのモニターの上で絵を描きます。キャンバスや紙に描くのがアナログです。画材には絵の具や鉛筆、色鉛筆を使います。他にもコピックやマーカーを使うこともあります。絵の具の手法は水彩や油彩、水墨画などです。

イラスト講座はパソコンを使うと好みに合わせてアレンジでき、初心者でも頭に入るような教え方を探す方法が望ましいです。