雇用トラブルにあった際に弁護士に依頼するメリット

権利行使ができなくなることを防いでくれる!

法的な主張を行える期限は無制限ではありません。専門的な用語で言うと消滅時効と言う言葉になります。これは、法的主張によって異なります。たとえば、残業代の未払い金を会社に支払ってほしい場合の消滅時効は2年です。他には、退職金の支払いを要求する場合の消滅時効は5年になります。消滅時効を過ぎてしまえば、例え裁判をしたとしても、自分の主張が通らないことが多いです。弁護士は、労働問題に関する権利の消滅時効に精通していますので、相談するだけでも意義があるでしょう。

回収金額をより多くしてくれることが期待できる!

日本の法律は、当事者の考えを大切にしています。そのため、会社と労働者側の話し合いによる結果は、原則的に尊重されます。たとえば、慰謝料を100万にするか200万にするかは、当事者が自由に決定することができます。ただ、労働問題解決のための交渉を行う際、会社と労働者側とでは会社の方が、知識が豊かな場合が少なくありません。弁護士は、各労働問題についての賠償請求金の相場を理解しています。多くの場合、個人で交渉を行う場合と比べて、満足が行く結果になることでしょう。

会社のためにもなる!

労働問題は、話がこじれやすくなってしまいます。そうなると、問題解決のために会社も多くの時間が必要になります。弁護士に相談すれば、正しい法的知識に基づいて、会社と適切な交渉をしてくれます。法的な根拠を示しながらの交渉なので、会社も納得してくれることが多くなります。そのため、起きてしまった労働問題をより早く解決することができます。早期に解決できれば、会社の負担も少なくなるでしょう。もちろん、労働者側の負担も少なくなります。

mikataは、弁護士保険の名称です。日常に潜む様々なトラブルに、弁護士が対処する際の費用を補償してくれます。